> > 酵素はどんなものを選んだらいい?迷った時の選び方

酵素の選び方のポイントは?市販の酵素の特徴まとめ

酵素といっても、いまは様々なタイプの商品が市販されているのをご存知ですか?これだけ種類があれば、何を基準に酵素を選べばいいか悩んでしまいますよね?ここでは、商品別の酵素の特徴や失敗しない酵素の選び方をご紹介しています。
116 views

酵素を選ぶならドリンク?サプリ?それとも食品?あなたにピッタリの最適な酵素はこれ!

酵素が良いってことはわかっているけど、数ある酵素商品を前に「一体どれを選んだらいいの?」と悩む人も少なくありません。

そこで今回は、酵素ビギナーでも失敗しない酵素選びのコツや、失敗しない酵素選びのポイントについてご紹介してきます。

酵素を摂取できる商品の特徴

酵素商品といっても形状はさまざま。シロップ、タブレット、ゼリーなど多種多様に富んでいます。

でも、酵素初心者にはどの商品を選べばいいのか迷ってしまうもの。パッケージの印象や自分の好みだけで選んでいいのなら苦労はしませんよね。

販売されている商品をまとめると

  • 酵素ドリンク
  • 酵素サプリ
  • 酵素食品

の3つに大きく分類されます。酵素を賢く選ぶためには、酵素ドリンク・酵素サプリメント・酵素食品のどこを見たらいいのでしょう?それぞれの特徴をまとめてみました。

味を楽しめる酵素ドリンク

酵素ドリンクでは、味そのものが大きく影響してくる商品です。

実際のところ、飲みやすさを重視しすぎるあまり、酵素より添加物の割合のほうが大きいという商品も実在します。

商品の成分表示において素材に糖液の文字がついていたら注意。素材の成分はほんのちょっとだけで甘さや美味しさを優先した商品の可能性が高いです。

もちろん商品のなかには、素材の旨みを極限まで引き出した天然の美味しさを売りにしているところも存在するので安心してくださいね。

酵素ドリンクは味にクセがあるため、味が受付られない人も多いと言われています。そういうニーズに応えて返品保証を行っているメーカーも多く存在します。

けれど、飲料であるがゆえに飲み方にバリエーションがあるのも酵素ドリンクの大きな特徴。

原液のまま飲むこともできますし、水・サイダーはもちろん、お好みのドリンクに混ぜて飲んだり、ヨーグル・アイスなどにかけて食べることもできるので、飽きずに色々楽しむことができます。

栄養価が高く食事に置き換えて摂取することもできるため、ダイエット目的で飲んでいる人も多いようです。

いつでもどこでも飲める酵素サプリメント

酵素サプリメントは、持ち運びも容易で水さえあればどこでも飲めるのが魅力。さらには、常温保存ができて消費期限が長めに設定されていることもあり、飲み忘れてもムダにするリスクもほとんどありません。

もし、サプリメントで酵素を補う場合は、非加熱で加工されたものかをチェックすること。カプセルや錠剤にする際は加熱処理を行うのが一般的ですが、酵素は熱に弱い性質があります。

そのため、非加熱製法の表示がある酵素サプリを選ぶことをおすすめします。なかには生酵素と表現しているものもありますが、こちらも加熱処理していないものとみて問題はありません。

酵素は液状がもっとも活性化すると言われているため、ペースト状のままカプセルに詰めたサプリがおすすめ。

サプリメントは味を重要視する必要がなく、味を調整するための添加物が含まれることは滅多にありません。

しかし、カプセル・錠剤化させるために凝固剤などの添加物を使用しているものが数多くあります。添加物を避けたいのであれば、なるべく天然成分由来のカプセルで作られた酵素サプリを選びましょう。

おやつ感覚でチョイ足しできる酵素食品

酵素サプリメント・酵素ドリンクほどではありませんが、酵素食品という形で酵素を摂取することもできます。ゼリーやグミ、チョコレートやアメといった比較的万人受けするものばかり。

酵素ドリンクと比べると食事と置き換えるほどではなく、間食として取り入れるのに適してきます。美味しさを重視している商品が多いのも特徴です。

ただし、食品化しているがために酵素としての新鮮さはやや劣りますし、酵素の含有量もさほど高いとはいえません。

酵素食品を食べるくらいなら、新鮮な生野菜や果物・生肉などから直接酵素を摂取してしまったほうが、効率がいいかもしれませんね。

もし酵素選びに迷ってしまったら

さて、酵素サプリメント・酵素ドリンク・酵素食品の特徴について説明してきましたが、そのなかでもどの商品にするか迷ってしまった場合は

  • 酵素の種類や量
  • 添加物の有無
  • 価格

をチェックして選ぶと良いでしょう。

酵素の種類や酵素量は使用する素材に比例します。使用する天然食材がなるべく多いものを選びましょう。また、熟成・発酵期間をチェックすることもお忘れなく。熟成・発酵期間が長いほど栄養素が凝縮されていきます。

また、天然食材以外にも酵素パワーを助ける乳酸菌などのプラスα成分を配合しているものもあります。普段から便秘が気になる人は乳酸菌がプラスされたものがおすすめです。

商品によっては添加物が配合されているものも少なくありません。できるなら無添加が一番ですが、製造上どうしても配合せねばならない商品も存在します。

逆に無添加だとアシが速く(腐りやすいなど)コストが高くついてしまうことも。あまり無添加に執着しすぎず、最低限の添加物なら選択の視野に入れてあげることも大事。

継続することを考えるなら価格も重要なポイント。商品のなかには、定期購入によって大幅にコストダウンが見込める商品も多いですよ。

有名メーカーだからといって必ずしも優れた商品かというとそういうわけではありません。高いから良いというわけでもありませんが、安い商品の場合はそれなりの理由が存在しています。

なにを選ぶかはあなた次第。ただし、ひとつだけはっきりと言えることがあります。効果を得るためにも最低でも3ヶ月は酵素を摂取するようにしてください。

1ヶ月くらいの短時間だと効果は期待できず、せっかく悩んで酵素を選んでも意味のないものになってしまいますよ。